今回は

・ウィッグをつけてジェットコースターの乗れるのか

・ウィッグをつけての搭乗は危険ではないのか

・風でウィッグが飛んで行ってしまう可能性はあるのか

という疑問についてお答えしていこうと思います。

結論からいうと、ほとんどの遊園地ではウィッグを装着したままでの搭乗を禁止しています。

しかし、やむを得ない事情(病気等)であれば許可が降りることもあります。

原則として、ジェットコースターに乗るときはウィッグを外しましょう。

以下でウィッグを装着したままジェットコースターに搭乗した場合の危険性について見ていきましょう。


1.ウィッグを着けたままジェットコースターに乗った場合に起こりうる3つの危険

1-1.ウィッグが外れて、ボサボサの髪が丸見え

ジェットコースターを楽しんでいるときにウィッグが外れて、戻ってきたときには下のボサボサの髪が丸見え・・・ということになれば非常に恥ずかしいですよね。

ジェットコースターを心から楽しむためにも、ウィッグは搭乗前に必ず外しましょう

1-2.ウィッグが風にあおられて紛失してしまう

ジェットコースター搭乗中は、数分間全身がとんでもない風圧にさらされることになります。

そんな状況では、ウィッグが外れないほうが不思議ではないでしょうか?

外れたウィッグがひらひら、と飛んでいって鉄骨等がひっかかってしまったらそれこそ悲惨です。

遊園地によっては罰金、あるいは出入り禁止を通告されるかもしれません。

いずれにしても良い事が1つもないので、気をつけましょう。

1-3.ウィッグが絡まって、大事故につながる

上記2つの危険性は自分への危険でしたが、ウィッグ装着による搭乗は他のお客さんにも被害が及ぶ可能性があります。

たとえばあなたがウィッグを装着した状態でジェットコースターに乗り、搭乗中にウィッグが外れて後ろのお客さんの顔にぶつかる。

お客さんは前が見えなくなって、焦ってジェットコースターから転落、、、なんてことも可能性はゼロではありません。

また、「外れたウィッグが線路に絡まってジェットコースターが停止してしまう」という可能性もあります。

このような事態が起これば法的に罰せられる可能性も出てきますね。


2.まとめ

という訳で、今回はウィッグを着けてジェットコースターに搭乗したときの危険性についてお話をしてきました。

ジェットコースターに搭乗するときはウィッグは必ず外すようにしましょう。

あるいはウィッグを外したくないときは、ジェットコースターに乗らないようにしましょう。

それがあなたの命と周りのお客さんの命を守ることにつながります。