長さもボリュームもお好みに合わせて!簡単ポニーテールのポイントウィッグをご紹介

ポニーテールのイメージと言えば、女の子の代名詞といっても過言ではないですよね。その昔、巷ではポニーテールが大流行し、漫画やテレビやらどこでもポニーテールの女の子ばかりでした。
今でもポニーテールは愛されヘアの王道です。現代風にアレンジしたり、ポニーテールも時代とともに変化を成し遂げています。

ポニーテールは髪が短いとできない…と諦めてる方でも大丈夫!このポイントウィッグが活躍するのです。ウィッグを使えば自毛が短くてもアレンジできます。

そこで今回は、ポニーテールのアレンジができるポイントウィッグと装着についてご紹介します。

 

1.ポニーテールをアレンジしよう!簡単装着、テールウィッグ

 

 

特徴1.テールウィッグにはコームが付いているので安定感バツグン!

テールウィッグの内側に、自毛とウィッグを固定するためのコームが付いています。テールウィッグは、地毛を束ねた土台にコームを食い込ませ装着します。そのときに自毛の土台の根元にコームをしっかり固定していないと、そのうちウィッグがズレて、せっかくのセットが崩れてしまいます。
このコームが有るのと無いのとでは安定感に大きく差が出ます。

 

特徴2.テールウィッグ内側のワイヤーで美しいアーチ型!裏地付きで自毛が飛び出ない仕様

テールウィッグのキャップの内側に縫い込まれているワイヤーで、アーチ型にカーブを作ることができるので、自然なスタイルを実現できます。
また、内側に付いた裏地がカバーとなって、突き出た自毛の飛び出しを防ぐことが可能です。テールウィッグの内側にある裏地とワイヤーを上手に使いこなしながら毛束の形を整え、ワイヤー部分を下方に曲げてきれいなアーチ型になるように調整しましょう。

 

特徴3.自毛とテールウィッグの境目部分を自然に馴染ませる!

テールウィッグには、自毛との境目を隠せるマジックテープの付いた巻きつけ用の毛束があるのです。自毛でポニーテールにすると、束ねたゴムが気になります。その部分を隠すためにシュシュなどを使います。テールウィッグを装着すると、毛束の根元部分が突き出ないかと気になります。そこで、自毛とテールウィッグの装着部分である根元に、ウィッグに付いている毛束を巻きつけて境目を隠し、自然さを演出します。巻きつけ用の毛束には、マジックテープが付いているので、不器用な方でも使いこなせます。

 

2.テールウィッグの着け方をレクチャー!

 

 

1.自毛をゴムで結び土台を作ります。このとき、さらに安定感を持たすために、太いゴムを使用することをおすすめします。
2.ウィッグ内側のコームを、土台の根元に差し込んで固定します。ウィッグの毛束を自毛の土台を包み込むように装着したらマジックテープで固定します。
3.巻きつけ用の毛束を根元に巻きつけて、マジックテープで固定します。
4.毛束をぐるぐる巻きつけたら、余った毛先はヘアピンなどで固定して完成です!

 

3.今流行りのスタイルに変身!ウィッグでアレンジするポニーテールは崩しテクで

 

 

タイトなポニーテールもスッキリしていて清潔感のある印象を受けますが、ちょっと崩したラフなポニーテールもおしゃれでかわいいですよね。どちらも、その日の気分やファッションに合わせて変化をつけてみましょう。

また、サイドの髪を少し残してフェイスラインをカバーしたり、カールを崩してラフさを出したり、逆毛を立てて華やかさを演出させたりなどなど、色々なヘアスタイルを楽しめます。

 

4.パーティーにも簡単ウィッグでセルフアレンジ!華やかポニーテール

 

 

結婚式や二次会、パーティーに出向く場合、美容室に行くことが多いと思います。でも、出費がかさんだり、時間が取れなかったりとなかなか面倒ですね。そんな時こそ、自分のアレンジでおしゃれなアップスタイルに挑戦してみましょう。
自毛のアレンジは毛質にもよりますが、せっかく作ったカールが取れてしまったり、逆毛が痩せてきたりと何かとトラブルがつきもの。でも、人毛のテールウィッグにお好みのスタイルをあらかじめ作って、ヘアスプレーでしっかりキープしておき、あとはきっちり束ねた土台に差し込むだけで、思い通りのパーティーヘアの完成です。

さらに、ロープウィッグを使えばボリュームのある華やかなスタイルが簡単に自分で実現できちゃいます!

 

ポイントウィッグを上手に使いこなせば、あなただけのおしゃれで可愛いポニーテールが簡単にアレンジできます。髪の短い方でもアップスタイルも可能、華やかにボリュームを足すこともできます。

TPOに合わせてスタイルを変えながら、市場に出回っている色々な種類のポイントウィッグを使って、ポニーテールアレンジを楽しみましょう。