ポイントウィッグはメリットだらけ?!

ウィッグにはさまざまな種類がございます。代表的なものはフルウィッグと呼ばれる、頭全体を覆いかぶせるものではないでしょうか。今回紹介するのはフルウィッグではなく、ポイントウィッグと呼ばれるものです。他にも部分ウィッグという言い方をされたり、主にメディアではヘアピースという呼ばれ方をされたりします。厳密には大きな違いはありませんが、ファッション用のものだったり、医療用ものだったりという具合にさまざまなタイプがございます。ではこれらのメリットとは何で、フルウィッグとの違いや優れている点は何なのでしょうか。髪の毛のパーツごとに紹介していきます。

 

●前髪

 

 

まずは前髪部分のポイントウィッグから紹介します。前髪につけるポイントウィッグは、そのまま前髪ウィッグと呼ばれることが多いです。女性にとって前髪があるか無いかで大きく印象が変わってしまう重要な部分です。ですので、若年層に主に人気でファッション用のものが多く取り扱われています。先程も申し上げましたが、女性にとって前髪はとても大事なものですよね。しかし学校、会社によって、服装や髪型が思い通りにできない場合が多々ありませんか?また前髪のセルフカットに失敗してしまった経験がある方や周囲にも前髪カットを失敗してしまった経験のある方はいらっしゃるのではないでしょうか。ポイントウィッグに共通していることはクリップやヘアピンのみで装着ができるので着用が非常に簡単であるということです。ですから、前髪ウィッグも簡単に装着することができ、毛が伸びることもないのでお気に入りの前髪をキープし続けることができます。

 

●頭頂部

 

髪のボリュームやつむじ周辺が気になる方におすすめなのがこの頭頂部につけるタイプのウィッグです。年齢を重ねるにつれ、髪が細くなったり抜け毛が増えたりします。そのようなお悩みをカバーしてくれます。頭頂部のボリュームだけでも若々しさは違ってきます。ボリュームが気になるという方やつむじあたりが気になるという方はお試しください。こちらのウィッグも頭のトップに乗せて前髪ウィッグと同様に装着するのみ。地毛の髪の流れと馴染むようにくしで梳かすとより自然な仕上がりになりますよ。ふわっとしたボリュームが出来上がれば完了です。とても簡単なのでどなたでもすぐにできます。

 

●後頭部・襟足他

 

 

「早く髪伸びないかな」と思ったことありませんか。髪の毛が伸びるのって時間がかかりますよね。勇気を出してばっさりと切った髪の毛もすぐには戻りません。でも元の長い髪に戻したい!と思った時、ポイントウィッグがとても有効です。エクステという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、エクステも襟足ウィッグのひとつです。自分で後頭部を直視できない分、前髪や頭頂部のウィッグに比べると難易度は上がります。しかし、ロングヘアだと、カール、ウェーブのみならず編みこみやポニーテールにハーフアップとヘアアレンジの幅が非常に広がります。またフルウィッグに比べ価格もお手頃で簡単で気軽にロングヘアになれちゃいます!

 

いかがでしたか。

フルウィッグには多少の抵抗があるというかたでも部分ウィッグだと身につけているという感じも軽減され気持ちも少しでも軽くなるのではないでしょうか。またこれからの季節、どんどん暖かくなってきますが、フルウィッグは頭全体を覆いかぶせるため、頭が蒸し暑くなってしまいます。しかし部分ウィッグは地毛につけるので感覚はいつもと同じ。見た目も着け心地も違和感なくご使用いただけます。価格も高くなく装着にも手がかからない、また保管もフルウィッグはウィッグスタンドやマネキンなどを使用しますが、そのような手間もかかりません。是非、新しいヘアスタイルにチャレンジする時や、ヘアスタイルに失敗してしまったという時、最近髪の毛の量が減ってきたかもしれないという時は是非ポイントウィッグをお使いになって手軽に新しいヘアスタイルへと変身してしまいましょう!