ウィッグでおしゃれに可愛くアレンジしよう。ウィッグは女性のおしゃれの幅を広くしてくれるので、いろんなパターンのアレンジをしておしゃれを楽しむことができます。また、アレンジによって違った自分にもなれますので、気分を変えてくれること間違いないでしょう。

三つ編みアレンジやショートボブアレンジで違った印象になれる

ウィッグでのアレンジでオススメなのが、まず三つ編みアレンジです。三つ編みはすごくフェミニンな印象を与えることができます。また、カジュアルな格好などとも相性がいいのでオススメです。まず、三つ編みアレンジはしっかりめに結ぶよりも緩めに結ぶことですごく可愛くなりますし、堅苦しくおさげな感じにはなりませんので、少し緩めに結びふんわりとした雰囲気を与えることが大切です。そして、三つ編みヘアには麦わら帽子などと合わせますと、夏っぽくなりますし女性らしくなります。

そして、その三つ編みアレンジとは対照的に、ショートアレンジもオススメです。ウィッグをわざわざショートボブにするのは不思議かもしれませんが、あえてウィッグをショートボブアレンジにすることにより、ツヤもできますし、きれいなショートボブが出来上がります。ですので、まずウィッグをボブのように丸くし、中の方をピンで細かく止めることできれいなボブヘアになります。そして、仕上げにスプレータイプのワックスで全体を固めることで、ショートボブアレンジが完成します。ショートボブヘアはいろんなスタイルと相性がいいので、とても可愛いですしオススメのヘアアレンジになっています。

ウィッグの色付け方法

ウィッグをつけたけど自分の髪と色が違う、もっと違う色にしたい、などと思ったことはありませんか?実はウィッグは、誰でも簡単に実践できる方法で簡単に色をつけることができるのです。自分のお気に入りの色にすればもっとおしゃれを楽しめるはずです。

こんなに簡単な方法がたくさん!

ウィッグに色を付ける方法の1つとしてヘアチョークで色を付けることができます。この方法は、髪にチョークで好きな色を塗るだけなのでとても簡単にできます。ヘアチョークの良い点は、発色が良いので、もともと暗い色の髪でもしっかりと色が出るという点です。また、色を落としたいときも心配いりません。洗い流すとちゃんともとどおりの色に戻ります。

また、油性の黒マジックで染めるという方法もあります。この方法は、もちろん全体を染めたいときにも使えますが、主に生え際部分を染めたり、グラデーションにしたい時におすすめです。油性ペンと同じ要領で染める方法として、コピックというペンを使ったものがあります。コピックにはペン先が尖っているものと、蛍光ペンのように先が平らになっているものがあります。そのため、染めたい部分によって使い分けることができて便利です。

コピックで染める場合、除光液を同時に使い、色を全体に伸ばしながら染めるときれいに染まります。仕上がりは濃くなりすぎないのが特徴です。明るいウイッグを染めるときはぜひお試しください。さらに、アクリルガッシュで染める方法もあります。お湯の中にアクリルガッシュ一本分と塩を入れ、そこにウイッグを入れるだけです。発色もよく、かなり簡単にできる方法です。

おすすめアイテム

フルウィッグ「ナチュラルロングウェーブグラデーション L」

フルウィッグ「バービーホリックグラデーション-RW」