HOME >

ヘアスタイル

失敗しないセルフカットのポイント

ウィッグが手元に届いて、着用した際に思っていたよりもボリュームがあったり、毛が長かったりした経験ありませんか?そのような場合に、自分の思い描くようなヘアスタイルにするためにセルフカットしようと考えたことある方は多いのではないでしょうか。特にコスプレをするときなど、なりたいキャラにぴったりのウィッグに巡り合えることはなかなか少なく、セルフカットして完成に近づけるというのがほとんどではないでしょうか。…

雰囲気に明るさをプラス!グラデーションカラーの特徴やおすすめウィッグ

「明るい雰囲気が欲しい」そんなときにはグラデーションカラーがおすすめです。グラデーションカラーにすれば、雰囲気に明るさをプラスできます。とはいえ、事情により、染めることができない人も少なくないはず…。そんなときにはウィッグがおすすめです。ウィッグであれば、地毛の色を変えずにグラデーションカラーを楽しめますよ。そこで、この記事ではグラデーションカラーの特徴やおすすめウィッグなどをご紹介します。…

部分染めでウィッグをおしゃれに♪ウィッグの部分染め方法

ウィッグは、ただ着用するだけでもいつもと違うおしゃれを楽しめる便利なアイテム。しかし、長く同じ髪型のものを使用していると、ウィッグにも変化が欲しくなることはありませんか?手持ちのウィッグのカラーを変えるだけでも、雰囲気が変わってまた新しいおしゃれが楽しめますよ。…

ウィッグを付けて海やプール、ジェットコースターって大丈夫?

ウィッグをおしゃれのために日常的に使用する方でも、「ウィッグを付けてて大丈夫?」とためらってしまうシチュエーションがあるものです。その代表的な例として、海やプールのように水の中に入るときや、ジェットコースターのようなアトラクションが挙げられます。…

簡単にできる!ウィッグの上手な逆毛の作り方&キレイに戻す方法

ウィッグのアレンジ方法はいろいろありますが、ボリュームをもたせた「逆毛」を使ったヘアスタイルも一度挑戦してみたいもの。でも、アレンジしたウィッグの毛を元通りにすることが難しそうで、なかなかチャレンジできない……という方も多いのでは?…

ウィッグで簡単アレンジ!ハーフアップの作り方や注意点

ファッションウィッグでハーフアップアレンジに挑戦しませんか?生え際やネットが気になりがちなフルウィッグのアレンジには、お団子やポニーテールなどのアップスタイルよりもハーフアップスタイルがおすすめです。ヘアアレンジは難しい印象がありますが、ウィッグであれば簡単。ウィッグスタンドなどを使用してウィッグを固定すれば、地毛だと難しい複雑なアレンジにも挑戦できます。…

初心者レイヤー必見!コスプレ用ウィッグをセットする時に気を付けたいこと

コスプレに欠かせないアイテムの1つ、ウィッグ。コスプレ用のウィッグは、扮装(ふんそう)するキャラクターの髪型と同じようにセットされたものが多数そろうため、なりたいキャラクターに合わせて選ぶことができます。一方で、市販のウィッグを自分でセットして、キャラクター風の髪型に整える方もいらっしゃるでしょう。…