披露宴やパーティーなどの場面では、洋服だけでなく髪型も華やかに仕上げたいですよね。でも毎回美容院に行くのは費用も時間もかかってしまいます。そんなお悩みには、自宅で簡単にアレンジができるウィッグがおすすめです。

自分好みに簡単アレンジ

ウィッグにはフルウィッグとハーフウィッグの2種類があります。フルウィッグは自毛を全て隠してアレンジをする為、髪色に統一感が出ます。またヘアアレンジも既にされているものが多いので、被るだけでパーティーヘアに早変わり。ロング、ミディアム、ボブ、ショートと数多くのタイプに変身できるので、いつもと違う自分を演出したい方や、面倒なアレンジが苦手な方におすすめです。ハーフウィッグは部分的に華やかさををプラスするのにおすすめのウィッグ、自分の髪の毛をまとめたところに乗せてボリュームを出したり、フルウィッグのように取り付けてから自毛と一緒に編み込んでアレンジを楽しんだりできます。

ストレートタイプを取り付けるとクールな印象に、パーマタイプはボリュームが出て可愛らしい印象に変身できるでしょう。自毛とカラーの違うものを取り付けてアレンジするのもおすすめ、他の人とは違う個性的な印象に仕上がります。また、いつもと少しだけ印象を変えたい方には自分で取り付けられるエクステがおすすめ。自毛の内側にクリップで簡単に装着することができ、少しだけ長さを追加したり毛先だけ色の印象を変えたりできます。お好みのウィッグを使って、自分だけのスタイルに挑戦してみましょう。

あなたの輪郭にはこれ!おすすめウィッグとアレンジ法

ウィッグがオシャレの手段として定着する中、ウィッグで自分のコンプレックスを解消し、もっと魅力的な自分になりたいもの。でもいったいどのようなウィッグを選べばいいのかわからない、といった人も多いことでしょう。そこで顔の輪郭タイプ別におすすめウィッグとそのアレンジ方法をご紹介します。

輪郭のどこを隠し、どこを強調するか決めよう!

ウィッグ選びやアレンジ決めの際は、自分の輪郭のどこを隠し、どこを強調するかを意識すると選びやすくなります。たとえば、四角顔、丸顔の人は、顔の横幅が気になるもの。サイドを隠せるロングタイプのウィッグがおすすめです。前髪を作ってしまうと顔の横幅が強調されてしまうので、センターパートやサイドパートのものがおすすめ。ポニーテールやお団子をする際にはサイドに毛束を残したアレンジをすることで小顔効果も期待できます。面長の人は、前髪のあるウィッグがおすすめです。

前髪があることで顔の下半分に視線を集めることができ、縦の長さを誤魔化せます。さらに低い位置でのハーフアップなど、顔の横幅を意識したアレンジを加えることで面長の輪郭が気にならなくなります。たまご型の人は、基本的にどのようなタイプのウィッグも似合います。いつものヘアスタイルとは全く違うスタイルに挑戦してみたり、あこがれの芸能人のヘアスタイルを真似てみたりするのもおすすめです。

どのような輪郭の方も、隠すところは隠し、強調するところは強調することでもっと魅力的な自分に変わることができます。ウィッグとヘアアレンジを工夫して、理想の自分を手に入れてしましましょう!

おすすめアイテム

フルウィッグ「ナチュラルロングウェーブ」

フルウィッグ「ナチュラルカールミディ」