襟足ウィッグを使えば、普段の髪型をアレンジしてよりいっそう女性らしさをアピールすることも可能です。カールやウエーブ具合もお好みにできて、セクシー系からナチュラルスタイルまで思い通りのヘアが実現するでしょう。ウィッグの種類やその使い方について見ていきましょう。

襟足ウィッグの選び方と装着方法について

もう少し髪の長さが欲しいという人や、ストレートヘアをシーンや気分によってウェーブヘアに変えたいという人などにおすすめは、襟足ウィッグです。まずは毛の色や髪質などから自分に合うものを選びましょう。ウェーブであっても、自然なカールのものもあれば立体感のあるツイストパーマなどさまざまです。

ナチュラルで清純な雰囲気に仕上げたいのであれば自然なカールのものを、大人の色気を出したいのであればゴージャスな大巻きウェーブを選ぶなど、なりたいイメージをシミュレーションしてみると、選びやすいでしょう。

付け方としては、まず後頭部の髪を上下に分けて上側は固定し、ひとつめのウィッグをピンで固定します。そして髪を少しおろしてウィッグと馴染ませ、二つ目のウィッグを固定します。3つめはやや下に付けると、綺麗に仕上がります。3ピースのウィッグの場合、2段に分けて分散して付ける場合と、3段に1つずつ分けて付ける場合がありますが、元の髪の毛の量や頭の大きさなどによってバランス良く仕上がるように調節すると良いでしょう。

ショートカットの場合は、2段に分ける方法が装着しやすく、綺麗に見えます。コツとしては、固定しておいた髪と襟足ウィッグとの混同部分をできるだけ馴染ませて自然に見せれるようにすることが大切です。

コスプレに最適なウィッグと選び方

コスプレでは、衣装や小道具だけでなく、髪型もなりきる上で大切な部分です。しかし、どのようにして選べばいいか、初めての方にとって分からない事もあります。そこで、コスプレ初心者の方でも、コスプレに興味をお持ちの方にも有用な情報をご紹介します。

コスプレウィッグの種類や特徴

ウィッグと一言でいっても、色々な種類があります。まずは材質の違いです。使われている素材は主に耐熱性のものと非耐熱性のものにわかれ、耐熱性のものはドライヤーやヘアアイロンを使う事が可能な素材です。巻き髪・ストレートをしたい場合に適している素材といえます。また非耐熱性よりも質が良いものが多く、写真栄えする見た目も比較的良好といえます。さらに櫛やブラシでときやすく、絡まりにくいので初心者の方にはお勧めの素材です。自然な髪質を演出したい場合に使うと良いでしょう。お手入れも簡単で、水洗い可能なウィッグが多いので、夏場の汗をよくかくシーズンでも気兼ねなく使えます。

対して、非耐熱性のウィッグですが、一番の特徴は耐熱性のものより安いという点です。ですが感触が耐熱性のものより若干ゴワつくことが多いです。したがって、絡まりやすくブラシの通りが悪い傾向にあります。ですが、絡み防止のスプレーをあらかじめ吹きかけておくと、ブラシの通りがよくなり長持ちします。この素材のウィッグは、髪質がかたそうなキャラクターや髪の毛をしっかりかためたい場合に使うとよいでしょう。なお、メーカーによっては洗う事が出来ないものもありますので注意が必要です。


おすすめアイテム

フルウィッグ「ナチュラルロングウェーブグラデーション L」

フルウィッグ「バービーホリックグラデーション-RW」