誰でも簡単にウィッグのカットテクニックを紹介します。コスプレで使ったり、普段のオシャレとして使ったりと、ウィッグはその日の気分やファッションなどに合わせて身に付けることが定着しつつあります。そこで、もっと自分に合うウィッグを誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

道具の紹介と失敗しないコツ

まず髪の毛をブロックごとに分ける「ブロッキング」という作業をすることから始めます。前髪部分と、頭のてっぺん、後頭部の3つに大きくわけます。それぞれヘアピンやゴム、ダッカールなどでまとめておくと切るときに楽です。そして切り始めは後頭部から始めます。ロングウィッグや毛の量が多い場合には、後頭部をさらに上下の2つにわけて留めます。

切るときに使う道具は必ず「すきバサミ」を使いましょう。すきバサミを使えば、髪の毛を少しずつ切ることができるので失敗しにくくなります。普通のハサミを使って切ってしまうと、切った断面がザラザラとなってしまい、広がりやパサツキなどの原因となってしまい見た目が悪くなります。

切る順番は下に分けた毛束から切るようにしましょう。たとえ下の毛束で上手くいかなくても、上の毛束で多い隠すこともできるので修正がしやすいからです。なお、まっすぐ切る場合には、切りたい長さのところでセロテープやガムテープを貼ります。そしてテープのラインをなぞるように切っていけば、まっすぐに切ることができますし、切った後の髪の毛が散らばることを防げます。毛先をなじませるためには、毛先を中心にすきバサミで何度も少しずつ切っていくと徐々に他の髪の毛となじんでいきます。

おすすめアイテム

フルウィッグ「ビジュアルストレートグラデーション」

フルウィッグ「ミディアムロールウェーブグラデーション」

ウィッグを綺麗に長く使うためにお手入れ方法を知ろう!

せっかく気に入って買ったウィッグなら、長く大切に愛用したいですよね。服装やシーンに合わせて髪色や長さ、アレンジが出来るのがウィッグのメリットです。お気に入りのウィッグを絡まりやパサつきから防ぐために、きちんとしたお手入れ方法を知っておきましょう。

ブラッシングとシャンプーは必須です。様々なウィッグの種類がありますが、基本的なお手入れをまずは徹底してやってみると、それだけでも持ちがぐんと良くなります。まずはブラッシングです。通常のブラシでも代用出来ますが、やはり静電気を防いでくれる専用のウィッグブラシをオススメします。カールウィッグやロングウィッグはどうしても絡まりやすく、ブラッシングがしにくくなりがちです。絡まっているからと力任せに引っ張るのは、ウィッグの毛自体を傷める原因になるのでやめましょう。ブラシが通りにくいなと感じた場合は、オイルスプレーなどで滑りをよくしてあげるとブラッシングがしやすくなります。

次にシャンプーですが、直接ウィッグに付けるのではなく、洗面器などにぬるま湯を張り、その中にシャンプーを適量入れて手でかき混ぜ、シャンプー液を作ります。その中にウィッグを漬け込み、押し洗います。ガシガシ洗ってしまうと絡まりや傷みの原因になりますので、必ず押し洗いを行ってください。シャンプー後はウィッグをタオルに包むようにして水気を切ります。このときもシャンプー同様、ガシガシ拭かないように気をつけます。

優しくぽんぽんと叩くイメージでタオルに水気を移します。その後はタオルに包んで寝かせた状態で室内乾燥させます。基本的なこれらの行程をウィッグ使用後(ブラッシングは使用前後)に行うことで長く愛用することが出来ます。ぜひ試してみましょう。


MYWIG関連アイテム

フルウィッグのお手入れ方法
ウェーブ(カール)ウィッグのブラッシング
前髪カットのウィッグアレンジ