ウィッグのパサつきが気になる時に!サラサラにする方法はおしゃれのために購入したウィッグも、パサつきが気になる様では楽しみも半減してしまいます。一度パサついたウィッグを再びサラサラに戻せばよりおしゃれが楽しめます。ではどの様に手入れをすれば良いのでしょうか?

ウィッグのパサつき防止のためのお手入れ方法とはウィッグのパサつきを戻すにはシャンプーとリンスが欠かせません。専用のものもありますが、市販のものでも十分です。ウィッグを洗う前には必ずブラッシングをし、絡まりをほどいてホコリを落としておきます。シャンプーとリンスを3:1くらいで水に溶かして洗浄液を作ったら、その中にウィッグを浸けて押し洗いをします。力任せに揉み洗いをすると傷んでしまうので、十分注意します。その後柔軟剤を溶かした水に浸け込みしばらく置いたら引き上げます。流水で表面の柔軟剤を軽く流し、タオルで包み込むようにして水分を拭き取り、そのままタオルの上で乾燥させます。

耐熱性のものならドライヤーを使って乾かす事も可能です。またサラサラの状態を長く保たせるにはブラッシングの際に専用のオイルスプレーを使うのが良いでしょう。ウィッグ全体にスプレーしてからブラッシングすると指通りの良い、ツルッとした状態にできます。ブラシも静電気の起こりにくい専用の金属製のものがあるので、こちらを併用すると一層効果的です。ウィッグがパサパサになる最大の原因は絡まる事です。特に毛先は絡まると大変なので使用後はまめにブラッシングをし、綺麗な状態を保てるようにしましょう。

家にあるものでできる!ウィッグの静電気防止対策は冬など乾燥の季節になると気になるのが、ウィッグの髪がまとわりつく静電気ですね。ひどい時には顔に貼りついてくるような感じになってしまうので、何とかしたいと思っている方も多いでしょう。そこで特別なアイテムを買うことなく、家の中にあるようなもので対策をする方法を考えてみました。

静電気防止に役立つものは家の中にいろいろあります。日常の家の中にあるもので、ウィッグの静電気対策として有効なのは洗濯用の柔軟剤です。柔軟剤はもともと洗濯によって外れた汚れが再び付着するのを防ぐための成分が含まれており、この成分が静電気の発生防止に役立ちます。また、同じく洗濯に使う、おしゃれ着洗い用の洗剤も同様に静電気が起きるのを抑えることができます。使い方はどちらの場合も洗面器などにぬるめのお湯か水を入れ、柔軟剤などを薄めの濃度で溶かした後にウィッグを浸し、すすいで乾かすだけですので、とても簡単に静電気対策をとることができます。

しかし、肌が弱い方などはその柔軟剤や洗剤の成分に反応し、肌がかゆくなったりすることがあります。その場合に利用できるのは、普通の髪に使うリンスです。リンスにも静電気を防止する成分が含まれていますので、柔軟剤と同じ方法でケアすれば静電気の発生を抑えられます。また、急いでウィッグの静電気を取りたい場合にもリンスは役に立ちます。霧吹きのスプレーボトルに少しのリンスと水を入れてよく溶かせば、静電気抑制スプレーができます。ただし、先に述べたウィッグ全体を浸す方法よりは効果が弱いので、あくまでも応急処置として利用するようにしましょう。

MYWIG関連アイテム

ウィッグケアグッズ
フルウィッグのお手入れ方法