インナーキャップとは、ウィッグの下につけるものです。インターキャップは洗濯することができますので、直接ウィッグをつけるよりも清潔ですし、また髪の毛の量の変化を調整して、ウィッグをフィットさせるのに役立ちます。

インターキャップの種類は2種類

一般に、ネットタイプとコットンタイプの2種類があります。ネットタイプは髪の毛を頭にしっかり押さえつけることができるので、髪の毛の多い人、長い人に向いています。ギュッとまとめるので、ウィッグが浮いてしまうこともありませんよ。ウィッグを髪の毛にクリップを使って止める方法もありますが、それよりずっと自然でまた、安心感もあります。

コットンタイプは、髪が少ない人や柔らかい人、またお肌が敏感な人に向いています。柔らかい生地でできているんです。水泳帽のようにかぶって、頭部全体をカバーします。さらにずれないようにシリコンのすべり止めが付いているものを使うとよいでしょう。シリコンが肌にフィットして、ちょうど良い位置をキープできますよ。インナーキャップをつけてからウィッグをつけるようになっていますが、どうしてもずれが気になる、という場合には、インナーキャップをウィッグに縫い付けてしまう、という方法もあります。しかし、そうすると洗えなくなってしまうので、マジックテープやスナップボタンなどをつけるとよいでしょう。また、地毛の長さを変えるときには、インターキャップも変えて、そのときにベストな種類をセットで使うようにすると、フィット感が維持できますね。

シーン別に適したウィッグを選ぶ方法

ウィッグの種類は沢山ありますが、以前よりも確実にウィッグの種類は豊富になりました。そのせいか場面を選びウィッグを好んで使用する方が増えてきています。人気の高いウィッグはどんなものなのか考えていきましょう。

自分の魅力を更に引き出してくれる賢いウィッグ

ウィッグには種類が沢山あり、色も何パターンもあります。デザインもロングやショートもあり、パーマをかけたような状態のウィッグもあります。ストレートで実際にコテで巻いたりアレンジを試すことが可能なウィッグもあります。値段は様々ですが、かなり安いものだと絡まってしまったりします。安いからと購入を決めずに色々な場面で使えるウィッグを選ぶことが重要です。色々アレンジが出来る断熱性のものは器用な方にはオススメです。

自分でセット出来ない人には、元からセットされていてそれを取り付けるだけという簡単なものを選べばシーンに合わせて使用出来ます。出会いを求めて合コンに行く日はオシャレをしたいはずです。髪にボリュームを簡単に出せるウィッグもありますし、髪を巻く時間を節約出来るウィッグもあります。また、会社の大事な会議などに出席する時に髪の色が気になった場合は、暗めの色のウィッグを使えばあっという間に変身できます。同窓会などで久々に会う時は、普段とは違う自分を演出するためにウィッグを使用するのは良いでしょう。思い切って長さを変えてみたり、色を変えてみたり色々なウィッグを使って新しい自分に変身してみるのも楽しいです。