この記事を読んでいるあなたは、きっとこんな風に思っているはず。

「プロテインを飲めば薄毛が治るって聞いたけどほんと?どういう仕組み?」

結論からいうと、「薄毛が治る場合もある」というのが答えです。

今回はその理由と、プロテインで薄毛(抜け毛)が改善させるメカニズムについて解説します。


1.プロテインで薄毛が治るケース

プロテインとは要は”たんぱく質”です。

髪の毛を構成している主な成分はケラチンというたんぱく質で、本来たんぱく質は生命の維持にとって必要な部分から優先的に分配されます。

順番的にいって、髪の毛の優先順位は低めです。

そのため、

「食事で取り入れたたんぱく質とは別にプロテインを摂取することで、髪の毛の生成にたんぱく質を使うことができる」

という理屈になります。

つまり、プロテインを摂取したことで薄毛が治るケースは「たんぱく質の不足による薄毛」の場合のみ。

病気やストレスなどによる薄毛の場合、効果は薄いかもしれませんね。

※健康的な髪のためにはもちろんたんぱく質だけでなく、ビタミン・ミネラルの摂取も大切です。


2.まずは薄毛の原因を特定することが大切

上述ですが、病気やストレス・加齢などが原因で薄毛が進行している場合は医学的なアプローチが必要になります。

ストレスが原因の抜け毛は生活習慣を整えることで改善が見込めますが、いわゆる「びまん性脱毛症」や「脂漏性(しろうせい)脱毛症」などの場合は早急に医師の診断を受ける必要があります。

不安な方はクリニック等への通院をおすすめします。


3.ウィッグを被るという手もあり

「今すぐ薄毛をどうにかしたい!他人に見られたくない!」という場合はウィッグを利用するのもいいかと思います。

たとえば「頭頂部だけ薄毛が気になる」場合は部分ウィッグを活用することで、そこまでお金もかかりません。

「ウィッグをつけてることが周りにバレるかも・・・」と思って不安になる方もいると思いますが、つけてみると意外とわからないものですよ。

「薄毛が気になって気になって外に出るのもイヤ・・・」と思うぐらいだったら、堂々とウィッグをつけて人生を楽しみませんか?

当サイトでは1万円以下で買える高品質なウィッグを取りそろえているので、自信をもっておすすめできます。

もしあなたが薄毛で悩む生活を変えたいのなら、ぜひご利用ください。