失敗しないセルフカットのポイント

ウィッグが手元に届いて、着用した際に思っていたよりもボリュームがあったり、毛が長かったりした経験ありませんか?そのような場合に、自分の思い描くようなヘアスタイルにするためにセルフカットしようと考えたことある方は多いのではないでしょうか。特にコスプレをするときなど、なりたいキャラにぴったりのウィッグに巡り合えることはなかなか少なく、セルフカットして完成に近づけるというのがほとんどではないでしょうか。しかし地毛は放っておけば伸びてきますが、ウィッグはそういうわけにはいきません。ウィッグは一度切りすぎる等の失敗をしてしまうと元通りには戻らないことからなかなか切る勇気がだせないですよね。しかしここではセルフカット初心者の方でも簡単にカットできる方法をご紹介いたします!

 

・前髪

 

 

多くの女性は前髪を自分で切って揃えたりすいたりした経験があるのではないでしょうか。ウィッグでも前髪を切るのは地毛と同じ要領で、一度ウィッグをいつも通りに被ってから切ります。これは慣れている方は多いのではないでしょうか。難易度が低く、非常に簡単。ですので、前髪に関しては一度着用してからのセルフカットが一番有効です。

 

・トップ・襟足

 

 

この二箇所に関しては着用してからでは直視して切ることができないですよね。襟足は見えないので着用してのカットは諦めがつきますが、特にトップのボリュームは着用して、カット具合を見ながら切りたいと思う方がいらっしゃるかと思いますが、切りたい部分が直接見えないというのと、地毛ではないので直接頭皮に感覚が強くあるわけではないので

切ろうと思っていた部分と実際に切った部分が異なる可能性が高く、失敗してしまう原因になってしまいます。そこでこれらの部分をカットする時はマネキンヘッドを使用することをおすすめします。型崩れ防ぎ、ウィッグ綺麗に保管するウィッグスタンドはカットの際あまり安定しないためウィッグスタンドよりマネキンヘッドの方が有効です。

ボリュームを減らしたい場合、有効なのはやはり、「すきバサミ」を使うことでしょう。

文房具や雑貨屋で売ってある通常良く使われるはさみですと刃が傷んでしまいます。といってもすきバサミもピンからキリまでございます。刃によっては使い捨てなんてこともありますので、今後の用途に合わせてください。

そしてカットの仕方ですが、ブロッキングという方法がすく手段としては有名ですよね。ブロッキングとは髪を小分けにして髪の切る部分を分かりやすくすることです。髪をすくいピンやゴムで留めたらブロッキングの完成です。どこをブロッキングすればいいのか分からないという方は、前髪・右サイド・左サイド・頭頂部の4つのブロックに分けると簡単です。慣れてきたり、切りたいところが多くあったりする際は、サイドのブロッキングの数を増やすことができます。またブロッキングしてしまうと全体像が掴みにくいので慣れていない方は予め、ここは何センチ切るなど決めておくのが無難でしょう。カットの後はブロッキングを外していきます。外す順番によっては次のブロックでのカットの際に毛が邪魔になることもあるのでブロッキングの後は切る順番にも注意を払う必要があります。最後はゴムなどすべて解き、全体のバランスを見つつ理想のヘアスタイルへと仕上げていくのみです。

 

いかがでしたか。ウィッグのセルフカットをする際は是非参考にされてください。セルフカットはやはり躊躇ってしまうという方は美容院に頼むという方法もあります。なんとウィッグをカットしてくれる美容院があります。しかし、ウィッグカットをしてくれる美容院はあまり多くなく、と言いますのも、ウィッグの毛質によっては刃が傷んでしまうということでウィッグカットに対応しているかどうか事前にインターネットで調べたり直接美容院に尋ねたりしてみてください。

せっかく買ったウィッグが想像していたのと違うとテンションもあがりませんよね。自分のなりたいヘアスタイルへ、自分の手で作り上げて、自分に合った自分だけのウィッグでおしゃれを楽しんでください!