ウイッグネットはとっても便利!種類と使い方を知ってお出かけを楽しく!

ウイッグを着けた時に、髪の毛がまとまりにくかったり、ずれたりしたことはありませんか?そんなときに必要なのがウイッグの下に着けるネットです。ウイッグデビューしたばかりの人はネットのことを忘れがちですが、実はウイッグには必需品のアイテムなのです。ネットがあればウイッグをきれいにかぶれるので、お出かけ時も安心です。この記事では、ウイッグネットをおすすめするポイントやその使い方をご紹介していきます。

 

1.おすすめポイント

 

 

ウイッグネットには、とっても便利な点が3つあります。

・髪の毛をまとまりやすくしてくれる

ウイッグをかぶるときにはしっかりと髪の毛をまとめてからかぶるのがコツです。でも、髪の毛が長かったり、毛の量が多かったりすると、なかなかきれいにまとまりません。そのままスポンとかぶったら、実は襟足から自分の髪の毛が飛び出していた、なんてことになったらちょっと恥ずかしいですね。そんなときも、ネットがあれば、自分の毛がまとまりやすくなります。

 

・ウイッグがずれないようにしてくれる

ウイッグを着けた時にネットがないと、自分の毛でウイッグが滑ってずれてしまうことがあります。知らず知らずのうちに、ウイッグがずれて変な形になっていたら嫌ですよね。特に自分の毛のまとまりがわるいと、ウイッグがずれやすくなります。そんなときでもネットがあれば、ずれるのを防止してくれます。

 

・頭皮を保護してくれる

ウイッグをそのままかぶると頭皮がチクチクするという人もいます。ネットには頭皮を保護してくれる役割があります。頭皮が敏感な人、あるいは病気治療中などで脱毛している人は、ネットを使って頭皮の刺激を減らしてあげましょう。

頭皮を保護するためには、肌触りや通気性が良いコットン素材のネットを使うことをおすすめします。脱毛中は頭囲の大きさが変わり小さくなるので、小さめのサイズを探すと良いでしょう。

 

2.ネットの種類

 

 

ネットには筒状のタイプと、キャップ状になっていて帽子みたいにすっぽりかぶるタイプの2種類があります。

・筒状のタイプ

主にファッション用で使われるタイプで、網目が大きめです。髪の毛をぐっと押さえつけることができるので、髪の毛のボリュームがある人でもきれいにまとまります。

 

・キャップ状のタイプ

キャップ状のタイプは、医療用で使われることが多く、髪の毛の短い人が使ってもネットがずれないような構造になっています。前後にシリコンがついていてずれないようになっているタイプや、外側にマジックテープがついていてウイッグと固定できるタイプなどがあります。通気性が良く、抗菌仕様や消臭加工をしているものだとさらに安心です。できれば何枚かもっていると、洗い替えができるので便利です。

 

3.ネットの着け方

 

少し慣れるまで手間がかかりますが、慣れてしまうと簡単に装着することができます。

筒状タイプのネットの装着の仕方をご紹介します。

1.髪の毛を結び、ゴムなどでまとめる。

2.筒状のウイッグネットをいったん首元までしっかり被る。

3.前髪の生え際ギリギリまで引き上げ、襟足もきれいにネットに入れる。

4.ゴムでまとめた髪の毛を頭頂部に集め、きれいにネットにいれる。

5.ネットがずれないように、後頭部やこめかみなどをピンで固定する。

以上です。

 

とっても便利なウイッグネットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ウイッグネットには良い点がたくさんあるので、ウイッグを使うときにはぜひ使うことをおすすめします。最初は、ネットを使うのに時間や手間もかかって不便かもしれませんが、コツを覚えてしまえば簡単に使えるようになります。ウイッグネットを使って、快適なウイッグライフを送ってくださいね。

 
MYWIG公式サイト・関連ページ

★ウィッグ専用ネット
★フルウィッグのお手入れ方法

★MYWIG公式サイト