メンズウィッグでセミロングヘアにイメチェン

伸びるまで我慢できない!メンズウィッグでセミロングヘアにイメチェン

ウィッグといえば女性がおしゃれ目的で使うもの…と思っていませんか?ウィッグは女性だけのものではありません。最近では、メンズ用のファッションウィッグも扱われています。

もしも、ヘアカットで失敗してしまったり就活で好みじゃない短髪にしたりして、どうしても今のヘアスタイルが気に入らない!と思っているなら、この機会にメンズウィッグにチャレンジしてみませんか?短髪にしていても、セミロングのメンズウィッグを使えばアンニュイなヘアスタイルに簡単チェンジ!休日のファッションが、より楽しめますよ♪

今回は、メンズにおすすめのセミロングウィッグを3つご紹介します。

 

メンズウィッグのヘアスタイル1【ウルフスタイル】

ウルフスタイルとは?

ウルフスタイル

ウルフスタイルとは、 トップの髪は立てられるくらい短く、サイドや襟足を長めに残したスタイルのこと。

 

メンズのウルフスタイルは、ショート~セミロングが人気!ニュアンスパーマやスパイラルパーマなどをかけて無造作感を出したスタイルが主流です。ショートウルフの爽やかさとは反対に、ワイルドな男らしさを演出できますよ。

 

 

 

 

 

ウルフスタイルのスタイリングのコツ

まずは、ウィッグ全体に軽くワックスをなじませましょう。次にトップをもみ込んでボリュームを出し、束感を出したい部分は少しずつつまんで立たせます。

襟足をはねさせたい場合は、ワックスを付けてから指で形作ればOKです。

 

アレンジする際にドライヤーやアイロンでボリュームを調節したい場合は、耐熱性ウィッグを使用しましょう。ウィッグのボリュームにもよりますが、基本的にはワックスで自分流にアレンジした方が自然に仕上がります。

全体的なシルエットを見ながら調節してくださいね。

 

メンズウィッグのヘアスタイル2【ロングレイヤースタイル】

ロングレイヤースタイルとは?

ロングレイヤースタイルとは、トップが短く、下に行くほど長くなるレイヤーカットのロングバージョンです。ロングレイヤーは、襟足の長さが肩くらいまでのアンニュイなスタイルで、ストレートのものや、パーマをかけたものなどがあります。

 

よりワイルドに仕上げたい場合はパーマスタイル、ユニセックスできれいめな雰囲気を出したい場合はストレートに近いものを選びましょう。

 

前髪が短いと女性的に仕上がります。男性的に仕上げたい場合は、前髪を長めにし、斜めに流すのがおすすめですよ。

 

ロングレイヤースタイルのスタイリングのコツ

全体に軽めにワックスをなじませ、ヘアスタイルに流れを作りましょう。トップには動きを出すため、少しずつ髪をつまんで束にして立たせます。襟足は好みによりますが、首筋に添わせたり、はねさせたりしてアレンジも可能です。

清潔感が出るようにスタイリングするとすてきに仕上がりますよ。

 

メンズウィッグのヘアスタイル3ボヘミアンスタイル

ボヘミアンスタイルとは?

ボヘミアンスタイル

民族的な要素を取り入れたファッションスタイルのことをボヘミアンスタイルといいます。ボヘミアンヘアは、そのファッションの一部。無造作に動きを出したスタイルが定番です。

 

ボヘミアンヘアはパーマでニュアンスを出し、ナチュラルに仕上げられるため、キメすぎない自然な雰囲気が好きな方におすすめのヘアスタイルといえるでしょう。

 

 

 

 

ボヘミアンスタイルのスタイリングのコツ

ボヘミアンヘアはこなれた雰囲気を出すことが肝心!そのため、ガチガチにスタイリングしないよう気を付けましょう。ワックスを軽めに付けて、ナチュラルかつワイルド、無造作に仕上げてくださいね。

 

おわりに

今回は、セミロングのメンズウィッグの種類とスタイリングのコツについてご紹介しました。

もしも前髪などの長さが合わない場合は、自分でカットするか、ウィッグのカットに対応している美容院でセットや調整カットをしてもらうと良いかもしれません。より自分にぴったりのウィッグが仕上がります。

 

スタイルをキープしたい場合は、全体にヘアスプレーをかけましょう。近くからスプレーをかけると白っぽく見えてしまうため、離れたところからかけてくださいね。

 

セミロングウィッグにチャレンジして、すてきなウィッグライフを送りましょう♪

 

▼おすすめ関連商品▼

メンズウィッグ/ ウィッグ通販専門店(レディース/メンズ)MYWIG