ウィッグがずれる…しっかり固定できる「ずれ防止策」をご紹介!【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグを着用しても、ずれて不自然に見えてしまっては、せっかくのおしゃれも台無しです。ウィッグを自然に見せるためには、ウィッグのずれを防いで固定することが大切。

そこで今回は、ウィッグのずれ防止策についてご紹介します。

 

ウィッグを固定しないとどうなる?

ウィッグをしっかりと固定しないと、ウィッグがずれて変な方向を向いてしまったり、浮いてしまったりして、周囲の人には違和感を与えてしまいます。ウィッグの違和感は、他人から見ると意外と気が付いてしまいやすいものです。

ウィッグのずれを防止するために、付ける前の準備をしっかりと行いましょう。

 

ウィッグがずれる原因は?

ウィッグにずれてしまう主な原因として、地毛の上に直接ウィッグを付けたためにウィッグが「滑ってしまっている」状態と、「ウィッグのサイズと頭のサイズが合っていない」状態であることが考えられます。

 

激しいスポーツをするわけでもないし、ずれないだろうと思う方もいるかもしれません。しかし、あまり動いていないように見えても、私たちは日常的に、立ったり座ったり、うつむいたりと、意外と頭を傾けています。そのため、ただ帽子のようにかぶっただけでは、ずれてしまうのです。

 

ウィッグ ずれ防止

ウィッグのずれを防ぐためには、ウィッグを付ける前に工夫が必要です。以下では、いくつかの方法をお伝えします。

 

ウィッグネットをかぶる

ウィッグネットをかぶる

ウィッグがずれないようにするためには、地毛を丁寧にまとめることが大切です。地毛が短かったとしても、ネット(ウィッグネット、アンダーネット)をかぶり、しっかりと髪を入れ込みましょう。

 

長い髪の方は、ネットに髪を無理に入れると、一部に塊ができて頭の形が歪んでしまうことがあります。その場合は、左右に三つ編みをつくって、耳の後ろからこめかみあたりに毛先が来るように頭に巻き、ピンで止めるときれいにまとまるでしょう。

髪をネットに入れた後に、上から押さえて平らにしても良いですね。

 

どうしても不器用でまとめられない、という方には水泳帽をおすすめします。

水泳帽は頭の形に沿いやすく、髪を入れ込みやすいグッズです。100円ショップでも売っているため、簡単に用意することができます。

ただし、サイズがきつすぎるものは、痛みや頭痛、気分不良を起こすことがあるため注意しましょう。

 

ピンで固定する

ピンで固定する

地毛をまとめるときはもちろん、ネットに地毛を入れた後もピンを使用して固定しましょう。

こめかみ近くや、もみあげの髪は、ネットの中に入りにくく浮いてきやすい場所です。ネットに入れた後、さらにピンで抑えておくと、しっかり固定できるでしょう。

 

アジャスター付きのウィッグを選ぶ

最近のウィッグの多くは、内側にサイズ調整のためのアジャスターが付いています。これからウィッグを購入する方じゃ、アジャスター付きのウィッグを選びましょう。

ウィッグをかぶったら、痛くならない程度にアジャスターを絞ります。水泳帽と同様に、あまりきつくしすぎると、痛みや頭痛を引き起こす可能性があるため、注意してください。

 

接着テープを使用する

ダンスなどで激しい動きをするため、とにかく確実に固定したい、という場合には、ウィッグ専用の固定テープを使用すると良いでしょう。

地毛をまとめてネットに入れたら、地毛のない部分にテープを貼り、ウィッグを固定してください。

 

頻繁にウィッグを使用する方の中には、文房具の両面テープを使用する方もいますが、ウィッグだけではなく、肌にも負担をかけてしまう可能性があるため、専用のテープの使用をおすすめします。

 

おわりに

ウィッグのずれを防止することは、ウィッグを自然に見せるために重要なポイントです。自然に見せるつけ方をマスターして、上手にウィッグを着用しましょう。

ポイントをしっかりと抑えた上で、おしゃれなウィッグを楽しんでください。

 

▼おすすめ関連商品▼

レディースウィッグ/ ウィッグ通販専門店(レディース/メンズ)MYWIG

 

 
MYWIG公式サイト・関連ページ

★ウィッグ専用ネット

★MYWIG公式サイト