部分染めでウィッグをおしゃれに♪ウィッグの部分染め方法【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグは、ただ着用するだけでもいつもと違うおしゃれを楽しめる便利なアイテム。しかし、長く同じ髪型のものを使用していると、ウィッグにも変化が欲しくなることはありませんか?手持ちのウィッグのカラーを変えるだけでも、雰囲気が変わってまた新しいおしゃれが楽しめますよ。

そこで今回は、ウィッグの部分染めについてご紹介します。

 

人工毛のウィッグは部分染めや1日限定カラーリング

カラーリング

人毛100%のウィッグの場合、市販のヘアカラー剤を使用すれば、地毛と同様にカラーリングを楽しめます。

しかし、人工毛が入っているウィッグの場合は、市販のカラーリング剤では染めることができません。人工毛でカラーリングをする場合は、化学繊維を染める染料や画材などを使用します。

 

人工毛のウィッグは、地毛を染めるよりもお手軽で毛の痛みも少なく、何度もさまざまなカラーを楽しめるため、ライブやコスプレイベント等、部分染めや1日限定のカラーリングをする際に役立つことがあるようです。

 

 

人工毛のウィッグの部分染めをする場合

人工毛のウィッグを簡単に染めるための方法はいくつかあります。部分染めを検討している方は、以下でご紹介する方法を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ヘアチョークで染める

ヘアチョークは、髪に直接こすりつけることで色が付けられるアイテムです。文房具のチョークにそっくりな棒状のものや、チークのようなケースに入っているものがあります。単色のものから12色セットや24色セットのものもあります。

 

海外セレブが愛用したことで話題となったヘアチョーク。現在では地毛だけではなく、ウィッグを染める道具としてもメジャーになりました。

 

ヘアチョークは、髪に上からこすりつけるだけで発色し、シャンプーで洗うことで簡単に落とせるため、1日だけのイベントやフェス、ライブなどでも活躍しそうですね。

しかし、髪の表面に色をのせているだけのため、洋服や帽子に色が移ってしまうこともあります。汚したくない服を着る場合は使用を控えましょう。

 

コピックで染める

コピック

コピックとは、イラストを描く際に用いる油性カラーペンのことです。カラーバリエーションは100を超えます。

乾きやすくにじみやすい特徴があり、ウィッグの部分染めにも便利です。

 

ウィッグに直接コピックで色を付けると、かなり時間がかかる上に、高確率でムラができてしまいます。

きれいに色を付けるためには、以下の方法を試してください。

 

 

1.除光液を含ませたコットンに、コピックのインクをのせる

2.そのコットンで染めたい部分の髪をはさみ、スライドさせる

 

油性の染料のため、基本的には水で洗っても落ちません。また、ウィッグが黒や焦げ茶などの暗い色だと、あまり色が出ないため注意しましょう。

 

ヘアスプレーで染める

スプレータイプの良さは、広範囲を簡単に染められることです。

ヘアチョークやコピックでは広範囲に染めようとすると時間がかかりますし、染料もたくさん使用しなければなりません。そのため、やや広い範囲を染めたい場合には便利なアイテムといえるでしょう。

 

部分染めは、日常のおしゃれにも

「イベントにはあまり参加しないし、コスプレもしないから活用できない……」と思っている方もいるかもしれません。しかし、ウィッグの部分染めは普段使いにもおすすめ。

 

顔周りの髪にだけ、ほんの少しカラーを入れるだけで、ヘアスタイルの印象は随分と変わります。その日のファッションに合わせて、襟足だけにほんの少しだけ色を入れてもおしゃれですよ。

アイシャドウやアイラインの色を選ぶように、髪の部分染めもメイクの1つとして楽しんでみても良いかもしれませんね。

 

おわりに

人毛のウィッグは地毛用のカラーリング剤で部分染め可能。人工毛ウィッグの場合は、化学繊維用の染料や特定のカラーペンなどを使うことである程度染めることでできます。ただし、暗い色のウィッグだと発色が良くない場合がありますし、色ムラができたり、色を落とせなくなったりすることもあります。試す場合はウィッグの毛を少し取って試した方が良いかもしれません。

「手持ちのウィッグに飽きちゃったし、部分染めにも憧れるけど……やっぱり失敗するのが怖いし、どうせなら新しいものが欲しい!」と思う方は、思い切ってウィッグの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか♪

 

▼おすすめ関連商品▼

レディースウィッグ/ ウィッグ通販専門店(レディース/メンズ)MYWIG

 
MYWIG公式サイト・関連ページ

★ウィッグカラー表
★ウィッグのカラーの選び方

★MYWIG公式サイト