ワックスやヘアスプレーなどの整髪料はウィッグに使えるの?【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグは通常の場合、きれいにスタイリングされた状態で販売しています。しかし、ときにはいつもと違う髪型を楽しみたくなったり、ワックスなどで固めたりして束感を出したくなることもあるのではないでしょうか?
今回は、ウィッグに市販の整髪料を使用する際の注意点や、おすすめの整髪料についてご紹介します。

 

市販の整髪料もウィッグに使える!ただし注意点あり

整髪料もウィッグに使える

ウィッグ用のワックスやムースなどの整髪料を専門店で販売しているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?それを見て、「ウィッグをヘアアレンジするときには、専用の整髪料しか使用してはいけないのかな……?」と思い込んでしまった方もいるかもしれませんね。

実は、市販のワックスやジェル・ムースなどの整髪料もウィッグに使用できるんです!もちろんウィッグの人工毛に合わせて作られた専用スタイリング剤が最も使用しやすく、楽にスタイリングもできるのですが、一般用途のワックスなどをウィッグに使用しても問題はありません。

ただし、注意点もあります。
ウィッグは地毛と異なり水分を適度に吸い込んでくれません。そのため、ハードに立ち上げるようなワックスの場合には、ワックスの重さが毛で支えられなくなり、しっかり毛が立ち上がらないことも。
スタイリングを固定させるためにヘアスプレーを使用することも可能ですが、量を多く使用しすぎると、のりのようなべたつきが気になる場合があります。また、それが原因で毛の絡みが起こりやすくなる可能性もあるのです。

そんなウィッグに一般ヘアケア用品を使用する場合は、ムース状の整髪料が最も使用しやすいといわれています。
その際、ワックスは毛先部分に使用しすぎると重くなるため、根元部分を中心に使用する方法がおすすめ。スプレーを使用する場合は、べたつきの少ないウィッグ専用品を選ぶと良いでしょう。

 

ウィッグスタイリングの裏ワザ?あの日用品がアレンジの仕上げに活躍!

ウィッグスタイリングの裏ワザ

ウィッグを使用していて、人工毛独特の「テカリ」感が気になったことのある方は決して少なくないはず。ポイントウィッグであれば、地毛となじませてある程度カバーできますが、フルウィッグの場合は頭全体がテカって見えてしまう可能性もありますよね。

そんなお悩みを簡単に解消できる、市販の日用品があることをご存じでしょうか?
なんと、普段から使用している「制汗スプレー」がウィッグのつや消しにとても便利なんです。

使用方法は、スタイリングが終わった後の仕上げに制汗スプレーを噴きかけるだけ。ただし、近い距離から噴射すると粉っぽさが気になるため、必ず少し離してスプレーしましょう。
これだけで、地毛のような適度なツヤ感をウィッグで実現できます。また、同時にスタイリング剤を使用する場合は、マットタイプのワックスと組み合わせると、より自然につや消しができますよ。

ウィッグのテカリを制汗スプレーで抑える方法は、情報誌でも紹介されたことがあり、効果は折り紙付きのテクニック。しかし、制汗スプレーはあくまで日用品であり、ヘアケア品ではありません。使用後はウィッグを洗うことできちんと落とせますし、ウィッグを傷めるなどの弊害も特に報告されていませんが、自己責任で使用しましょう。

 

おわりに

今回は、ウィッグにスタイリング剤を使用する際のコツや注意点についてご紹介しました。
本来ならば、やはりウィッグ専用のワックスやムース、スプレー類を選ぶ方法がベストといえますが、市販品の整髪料も使用方法に配慮すれば十分活用できます。地毛用のワックスやスプレーなども、ウィッグに使用して問題ありません。
今後ウィッグに慣れて、アレンジを加えたい!と思ったら、整髪料をそろえてはいかがでしょうか?

 

▼おすすめ関連商品▼

ウィッグケアグッズ / ウィッグ通販専門店(レディース/メンズ)MYWIG