汗や汚れがついたウィッグのお手入れ方法をご紹介します!【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグを使用していると、汗やホコリで汚れます。目に見える汚れだけではなく、ニオイが付着していたり頭皮の脂汚れがたまっていたりするため、注意が必要。そこで、ウィッグのお手入れをこまめに行い、いつもきれいな状態で装用できるようにしましょう。
今回は、ウィッグのお手入れ方法についてご紹介します。

 

ウィッグのお手入れの基本はブラッシング

お気に入りのウィッグを長持ちさせるためにも、着用前後のブラッシングをおすすめします。ブラッシングには、ウィッグについたホコリや汚れを落としたり、毛の絡まりを防止したりする役割があるのです。

ブラッシングは、必ず毛先部分から行いましょう。ウィッグの毛先から中間、中間から根元の方へ範囲を広げながら少しずつブラッシングをすることで、毛の絡まりやダマの発生を防止。勢い良く乱暴にブラッシングしたり、絡まったときに無理やりひっぱったりしないように注意してください。優しくブラッシングするよう心掛けましょう。

 

汗や汚れを落とすなら、シャンプーとリンスがおすすめ!

ウィッグを洗うためのシャンプー

シャンプーとリンスは、ウィッグのサラサラな質感や美しさを保つために大切です。自毛と同じで、シャンプーはウィッグに付着した汗や皮脂、ホコリなどの汚れを落とし、リンスはサラサラ感を保つのに役立ちます。シャンプーもリンスも市販のものでOK。具体的なシャンプー方法は、以下のとおりです。

1.ウィッグを洗う前にブラッシングをして毛の絡まりを解き、ウィッグ表面についたホコリも落とす
2.洗面器に水を張り、シャンプー(大さじ1ほど)を溶かす
3.ウィッグを入れ、毛が絡まないように優しく押し洗いする
4.シャンプーを水で十分にすすぎ、水気を切る
5.もう一度洗面器に水を張り、リンス(大さじ1ほど)を溶かす
6.ウィッグを入れ、2~3分浸けておく
7.ウィッグを軽くすすいだあと、乾いたタオルで軽く押さえながら水気を拭き取る
8.日陰や室内でしっかり乾かす(ドライヤーを使用する場合は、なるべく遠くから温風を当てる)

ロングウィッグやウェーブヘアのウィッグをシャンプーする際は、毛の絡まりが心配な方もいると思います。その場合は、洗濯ネットに入れて手洗いする方法がおすすめです。

 

ウィッグのお手入れに便利なアイテム

ウィッグスタンド

普段髪の毛に使っているアイテムを、ウィッグのお手入れに代用することも可能です。しかし、ウィッグをよりきれいにするためには、ウィッグ専用ケアアイテムがおすすめ。

例えば、ウィッグ専用ブラシです。ウィッグ専用ブラシの素材は金属で、静電気が起こりにくい特徴を持っています。ブラッシングの際に静電気が起こらなければ、ウィッグの毛が傷む心配もありません。

ほかにも、ウィッグについたニオイを除去するデオドラントスプレー、ウィッグのツヤを出すスプレー、お手入れ時の型くずれを防ぐウィッグスタンドなどがあります。このようなウィッグ専用ケアアイテムは、ネット通販などで購入することができます。

 

 

 

おわりに

気になるウィッグの汚れやニオイ。ウィッグでかわいく変身したとしても、ウィッグが汚れていたり、におったり、絡まったりしていると、せっかくのオシャレも台無しですよね。
しかし、ブラッシングやシャンプー、リンスといった日頃のお手入れに気をつかうことで、ウィッグをきれいな状態に保つことは十分可能です。
ほかにも、金属でできたウィッグ用ブラシを使うことで静電気を防いだり、ウィッグスタンドを利用して型くずれを防いだりするなど、ウィッグ専用ケアアイテムも上手に活用して、お気に入りのウィッグをできるだけ長く愛用しましょう。

 

▼おすすめ関連商品▼

ウィッグケアグッズ / ウィッグ通販専門店(レディース/メンズ)MYWIG