ウィッグのピンは飛行機に乗る時に保安検査で反応する?【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグは固定ピンを4本使用するウィッグと使用してないウィッグがございます。固定ピンは金属タイプとプラスチックタイプあり、タイプによって異なりますが国内線・国際線とも保安検査でウィッグのピンが金属探知機及び手動保安検査に反応したことはないと当店のウィッグをご使用したお客様から聞きました。

羽田空港にお電話してお問い合わせをして内容を記載します。

”国内線は「ピンが金属の場合は反応するでしょう。」と答えをもらいました。でも現実には一度も金属探知機が反応したことはないということです。
ですので、「ゲートを通過する前に一言ヘアピンを使用していると言っていただいておくと、機械が反応しても係員が配慮して対応させていただきます」というお答えを頂きました。
ゲートが無くて棒状の金属探知機を使用する時も先に伝えていただいておくと多少の配慮はするそうです。

国際線でもウィッグの固定ピンが金属の場合は反応するとの事です。探知機にかかる前に係員に申し出てもらえば身体検査等で対応させてもらいますと国内線と同じような返事でした。

国内線も国際線もウィッグの固定ピンが金属の場合は反応するとの事で、ご心配な方は検査前に係員に伝えておくことが一番のようです。
実際、”ウィッグのピンは飛行機に乗る時に保安検査で反応するのか”を当店にお問い合わせ頂きましたお客様から確認すると一度も金属探知機が反応した経験はないので、必要以上の心配はないのではないかと考えています。

固定ピン(ウィッグの固定ピンが金属の場合)が金属探知機に反応した場合はどうすればいいですか?
国内線は「デリケートなプライベートの問題になりますので、その場でウィッグをはずせということは無いはずです」
別室での検査も聞いてみましたが、込み具合や空港の設備等で出来ないこともあるのでお約束は出来ませんが、出来うる限りの配慮はさせて頂きますとの事です。

国際線は「その場ではずせとは絶対言わないとお約束は出来ません」といわれましたがが係員も最終手段としてしかそういう指示はしないと思いますのでとの事でした。
出国先についてはその国のやり方がありますのでこちらでどうこうは申し上げられませんとの事です。つまり到着した国の事情のことです。その場ではずすような事はまず無いようですが、国際線の方が多少厳しいようです。最大限の配慮はさせていただきますと言われてました。

国内線では必要以上に心配する必要はない。国外に出国する際には、出国先の国での検査の基準や対応があるので、その国に到着したあと金属探知機検査前に申し出たほうがよいかもしれない。
でも、実際、”ウィッグのピンが飛行機に乗る時に保安検査で反応するのか”を当店にお問い合わせ頂きましたお客様から確認すると一度も金属探知機が反応したことはないということです。