人毛ウィッグと人工毛ウィッグの比較【ウィッグ通販ならMYWIG】

ウィッグには人毛を使用した「人毛ウィッグ」と人工毛を使用した化学繊維製(人工毛製)の人工毛ウィッグがあります。

使用する目的と何をもとめているかによって「人毛ウィッグ」と「人工毛ウィッグ」、どちらのウィッグを使ったほうが良いかは変わってきます。

それぞれのメリット、デメリットを知って、どちらのウィッグを買い求めるかを決めましょう。

人毛ウィッグとは?

人間の髪の毛を使用して作ったウィッグで自然な艶があるところが、人工毛のものと異なります。人毛なのでドライヤーやコテなども、気にせずかけることができる他、カラーリングを楽しむことも可能です。

人毛のため、クセがつきにくくスタイリングが崩れやすい傾向があります。また人工毛と比べると、吸水してしまうため、一度濡れると乾きにくく、梅雨のような湿度の高い時期にはスタイリングがしにくくなります。
人毛のものでも価格が安いものはありますが、人毛が人工毛と比べると高いということを考えるとどこかでコストダウンされているため、価格に見合った質のものも多いようです。
やはり人毛で自然なものを購入しようとすると、価格が高くなってしまうところが一番のデメリットになります。人毛であることに抵抗がある方も多いようです。

人工毛ウィッグとは?

 

人工毛のウィッグは価格も手軽なので、比較的若い年齢の方が日常のおしゃれとして使っているファッションウィッグに多いです。最近は技術は発展し、人毛と人工毛が区別できない位によくなっています。

人毛のウィッグと違いヘアスタイルが最初から仕上がっているので、細かなスタイリングをせずにつけることができます。湿気にも強く、人毛のように湿気があるからといってハネたり緩んだりはしにくくなっています。人工毛は人毛よりも日光に強いので、太陽による退色も少ないです。
一番のメリットはやはり価格です。人毛のものよりも安価で購入できるところが人工毛製の魅力です。安く手に入れることができるので、いろんな種類や色のウィッグを持ち、その日の気分で使い分ける愛用者は多いです。

人工毛ウィッグのデメリットはテカリですが、技術が発展し、品質がすごくよくなっています。

人工毛ウィッグを選ぶときは、テカリがなく品質がよい人工毛を使っているなど、どれだけウィッグとわからない自然なものになっているかを見るのが大切なポイントになります。

耐熱加工ではない人工毛は熱に弱く、ドライヤーやコテを使うと縮れるなど繊維を痛めてしまいます。積極的にヘアアレンジを楽しみたい方は、耐熱人工毛であるかを確認する必要があります。

耐熱であっても、耐えられる熱には限界がありますので、それ以上の熱を加えないようにしてください。痛みの原因になってしまいます。

 

 種類は多数ありフルウィッグから医療用のかつらまで

 

ウィッグ エクステは誰でも髪の毛でイメチェン出来て、ウィッグでも自分の髪の毛のように着飾ることが出来ます。ウィッグ、エクステは誰でも別人のように変身できる印象を持っています。人工毛を使用した化学繊維製(人工毛製)の人工毛ウィッグがありますが、どちらも種類は多数あり、フルウィッグから医療用のかつら仕様のウィッグなどもあります。

さまざまな用途によってウィッグを使用することができ、仮装やパーティなどイベント用のエクステなどもあります。前髪のみのウィッグもあり、十分にポニーテールとして利用することが出来ます。ポイントウィッグまで様々なウイッグを揃えているウィッグ専門店もあるほどです。

フルウィッグなどのかつらもある程で、高齢者や、事故や怪我で毛がなくなってしまった部分に対応しているウィッグもある程です。ウィッグ 、エクステンションもあり、女子高生にも自然に髪の毛を楽しめる用になっています。

 

医療用には人工毛を使用したウィッグの方が髪の毛に自然に馴染む

 

ウィッグは誰でも十分にウィッグをして仮装したりコスプレウィッグを楽しむことが出来るようになります。人工毛を使用した化学繊維製(人工毛製)の人工毛ウィッグと分かれていますが、フルウィッグからロング、ショート、ストレート、カールなどを選択することができ、日によって変更して髪の毛を楽しむことが出来るようになります。

自分で欲しいサイズに切り替え可能で、ロング、ミディアム、ショートと幅広く分かれています。またカラーリングも変更可能で、後から染めることが可能なタイプのウィッグもあります。

レディースウィッグは今やファッションとして定着しています。人工毛を使用した化学繊維製(人工毛製)の人工毛ウィッグと種類が別れますが、医療用には人工毛を使用したウィッグの方が髪の毛に自然に馴染みます。

 

ポイントウィッグは女性用かつらとして利用することが可能です。

ポイントウィッグは髪の毛が薄い場所でも自然にボリュームアップしていきます。サイズ、毛色、毛質によって自分の髪の毛に合った素材を選ぶことが出来るようになります。パーマ系やストレートタイプまで揃っていて、ピンで装着することが可能なので、毛先まで自然に流れるようにウィッグを使用していくことが出来ます。

毛の種類も個別で異なり、利用している素材が異なったり自毛を使用している商品もあり、ポイントウィッグは女性用かつらとしても利用可能です。

 

髪の毛も抜けないように人工皮膚を使用しているものも

 

人工の髪で出来たネット状の髪全体を覆うウィッグもあり、部分を選択してボリュームを増やす事が出来、更に髪の毛も抜けないように人工皮膚やネットに人工毛髪植毛を施しています。

そのため利用者に取っては、自分の毛のように利用していくことが出来ます。ウィッグ、女性用かつらは自分の髪質にあったものを選択しましょう。

特に高齢者の方にとってはおしゃれを楽しむために必要なファッションです。カツラ・ウィッグは本来、おしゃれを楽しむために利用する方、または薄くなってしまった部分を隠すために利用する方もいます。

産後の薄毛が気になる女性はウィッグを利用して一時的に薄毛の悩みを解消することが出来ますし、女性の髪のおしゃれとしてウィッグをたまに付ける女性も増えています。中にはおしゃれなカラーやタイプのバリエーションも豊富に分かれていています。

 

まとめ

人毛ウィッグと人口毛ウィッグについてご紹介してきました。どちらのウィッグにも一長一短があり、一概にどちらがい良いとは言い切れません。

必要なのは「どのようにして使うか」「どこで使いたいか」という自分の目的をはっきりさせることです。

今回紹介した内容を参考にして、素敵なウィッグライフを送ってくださいね!

 
MYWIG公式サイト・関連ページ

★ウィッグ素材の比較
★ウィッグカラー表

★MYWIG公式サイト