ドライヤー、コテを使用したウィッグのアレンジ【ウィッグ通販ならMYWIG】

同じウィッグでも少しアレンジを加えるだけで、いつもと違うヘアスタイルに早変わりできます。ドライヤー、コテを使用する場合は髪の素材、耐熱温度をチェックしてください。(非耐熱のウィッグはコテは使えないです。)
耐熱ファイバーのウィッグならドライヤー、コテが可能です。耐熱性とはいえ耐熱温度があるのでドライヤーを近づけて使ったり、長時間かけることは避けてください。ウィッグがとけてしまうことがあります。
ストレートのフルウィッグ・エクステを購入した方、ストレートに飽きてきた時に、コテを使えば簡単に巻き髪アレンジができます。巻き髪にするだけで随分印象を変えることができます。
ウィッグはアレンジすることによってスタイルの幅が広がります。アレンジについて知りたい方は、コチラで多数紹介しているのでぜひ参考にしてください。